2014年4月13日日曜日

高松の池近くにある珈琲焙煎小屋に行ってきました

高松交差点を池に向かって進んだ、向こう側に見える旗が目印です。 

街中とは思えない、ワイルドな小屋を発見w

駐車場は1台分用意があるそうです。
場所が分からないときは、オーナーさんが教えてくれますよ。
 

小屋の前で、なんか燃しでらじゃ~。
 

中を見せて頂くと、そこでは松ぼっくりが燃焼中。
 

焚き付けするのに具合が良いそうです。

このような珈琲豆との交換レートもありました。
松ぼっくりはレジ袋1つ分で、珈琲豆10g分ですってよ。

さっそく、オーナーさんに試飲をさせて頂きました。
 

たつたつとお湯を落として・・・
 

蒸らしたところで、ほそーくお湯を注ぎます。
 

ファーオッ!
 

そして頂きます<(_ _)>
 
まるで山小屋にいるような気分になりますが、
外では車がバンバン通過しているのが面白い。

試飲させて頂いた中から、あっさりした飲み口のお豆を購入しましたよ。
にゃんこのイラストが可愛い。
パッケージは今度変わるかもしれないそうです。

ひそかに売られている「書かサル」バッチが気になります。


もっつもっつバッチ(左下の陰陽っぽいデザイン)も可愛いですね。

ちなみに最近話題の検索ワード「中ズック」バッチもありましたよw

■自家焙煎珈琲豆 cafe 302
連絡先:090-7326-4685

イベント出張で不在の場合があるので、
Facebookページで確認してから行ってみてくださいませ(-ω-)

2014年4月7日月曜日

みちのくプロレス入門に参加してきました

昨日は(株)のびあ主催のみちのくプロレス入門に参加してきました。

のびあといえば、女子100人委員会。


会場には女性100人が集合するかと思いきや、

殆どが男性で、女性比率はたったの6%(笑)


このようなサイトを更新している通り、ワタクシ完全なインドア派。

プロレスには全く興味がありませんでしたが、このイベントの後に別件で

打ち合わせがあったので、ついでに参加することにしました。

右側が気仙沼二郎さん。

プロレスの歴史について語ってくださいました。

レスラー兼、営業担当兼、歌手らしいです。

マルチな才能をお持ちでございます。


 
そしてサスケさん登場。

地方でプロレスを立ち上げた、起業面からのお話を頂きました。


自虐ネタやボケも挟んで、参加者から笑い声があがり、

トークの才能もお持ちのようです。


今でこそ地方からの発信は、普通に行われていますが、

インターネットが一般に普及されていない時代に、

地方プロレス団体で起業するなんて、思い切った決断されましたよね。


気仙沼二郎さんのプチ実演コーナー。

掴む手首は左手と、決まっているそうです。

こういったお約束ルールがあるってご存知でした?


こちらは座学の時間ですが、このあと全員で食事をしながら、

プロレス映像を眺めていました。

まるで、昔の街頭テレビでプロレスを観る人々のようですね。


人生さんというレスラーがロープの上を歩く映像が流れました。

花嫁の介添え人よろしく手を引いているレスラーも一緒です。


当然その方はパートナーだと思いきや、

なんとロープの上から、その方にアタックするという衝撃の展開がwww



一般人から見ると、これは突っ込むところですよね?

そう思い、後でマキリンに聞いてみると「そういうものだから」と返されました。


そうなの?ねえ?そういうものなの?(;゜Д゜)



イーチ、

ニーィ、サーン、


ダアーッ!・・・ではなく、プレゼント争奪ジャンケンです。

よくみたら腕が裏返しなので、まるで目潰し攻撃のようですね。

タカクミは残念ながら敗退し、観戦チケット頂けませんでした。

サスケさんと、主催者のマキリン。

偶然にも高校が同じ、しかもお二人とも起業家ですね。


こちらは練習生の佐々木大地さん。

トゥーシャイシャイボーイな印象でしたが、

今後どういうキャラクターになるのか楽しみです。


マキリン曰く、今でこそイケメン&ヒール選手であるハヤト選手も、

10代の練習生だった頃からは、想像できなかったとか。


どうもプロレスはキャラクター設定というのが重要のようです。

頂いたパンフレットを見ると、正反対の悪役(ヒール)側に転向したりしています。


それで一気にブレイクしたりすることもあるんでしょうね。


それにしても、このキャラクター紹介は読めば読むほど面白すぎます。

ウルトラ大怪獣とか、そういった映画のパンフレットみたいでした。


私は東北人ですが「なんでやねん!」と思わずツッコミどころ満載。

なんていうか、吉本とかワハハ本舗みたいなんですよ。


鼻からポップコーンではなく、口から墨汁吐くとか。

どつかれるのを分かっているのに、防御しないとか。


コテコテのお笑いで見られる「お約束」に似ているんですよ。

一発芸人的なレスラーもいると思いますね。

あの芸人は今、と同じで、あのレスラーは今という企画も出来そうです。



実際の試合では、何部かの試合構成になっていて、

前半がそういったお約束コントキャラの立っている選手達の試合で、

後半がガチの試合なんだそうです。



想像ですが、スポーツというよりエンターテイメントに近いのかも。

スポーツにはあまり興味の無い私ですが、

ちょっと面白そうなので、そのうち試合を観に行ってみたいと思います。